法学検定試験情報




法学検定とは、法律知識・能力の『客観的証明方法』として法曹界への登竜門となる『法科大学院』合格の知識を習得するのが、日弁連法務財団が主催する『法学検定』制度です。

受験対象は、法律学を学ぶすべての人で、法学部の学生はもちろん、経済学部や商学部等の社会科学系学部の学生、文学部等の人文科学系の学生あるいは企業等に勤務する一般社会人も対象にしています。

また、司法改革の一環として『法科大学院』の設置を行い、司法試験合格者を輩出し、今後ますます要求される、簡易及び家庭裁判所の充実、民事裁判の迅速化、労働関係事件への対応等を柱に国民の司法へのアクセスを拡充するとともに、より公正で、適正かつ迅速な審理を行い、実効的な事件の解決を可能とする人材を育成するとともに、日本社会全体の法的知識の普及・定着を目指しています。

法学検定の内容は、法律に関するレベルを図る検定であるため、特定の受験資格はありません。しかし、法科大学院によってはこの検定を重視しているところもあり、今後は検定としての格もあがっていくと考えられます。

これまでの法曹界は、弁護士・検事・裁判官など法曹界に属する人や、法務部に所属する一部の特殊な業務にのみに法律の知識が必要だと考えられてきましたが、昨今では、企業内でも弁護士をはじめとした法律の専門化が多くなってきていることからもわかるように、法律の知識を持った人間のニーズが高まってきており、2級や3級などの上位級を持つものは、業務時に法律の役割や機能に関してある程度信頼をもってまかせることができるということで、就職や転職には有利になります。

そのような時代の要請で誕生したのがこの法学検定です。法学検定を取ることによって生じる独占業務や具体的な専門分野が生じるわけではありませんが、絶対的な知識レベルを証明する資格になります。

サブコンテンツ
  • サイトマップ